結局どちらに通えばいいの?

心療内科と精神科の違いとは?

心療内科と精神科、どちらに通ったらいいのか迷ってしまう人は多いはず。自分の病はどちらの診療科で診てもらう方が良いのか、まずはそれぞれの違いをはっきりさせる必要があります。心療内科とは、心理的要因からくるストレスなどで、体に不調が起こったときに診てもらう診療科です。内科的に問題が見当たらず、身体に異常が起こっているケースは心療内科を受診することが多いとされています。精神科とは、心の病を扱う診療科で精神疾患を専門に扱います。幻聴や幻覚などの心が原因の病を扱うだけでなく、薬物やアルコールといった依存症も精神科の専門分野です。体に異常は見当たらず、心に不安や悩みを抱えている場合は、精神科を受診するケースが多くなります。

具体的なケースを確認しよう

自分がどちらの診療科を受診したらいいのか、具体的なケースで確認しましょう。心療内科医を受診するのは、ストレスなどから身体に異常がみられる場合です。「朝、会社に出社するときに頭痛を起こしてしまう」「人間関係に悩んでしまい、胃を悪くしてしまった」体に問題が生じて専門科を受診しても異常がないとされた場合も心療内科を受診しましょう。精神科は、落ち込みや不安といった心が沈んでしまった場合に受診します。「人とうまくコミュニケーションを取れずにふさぎ込んでしまう」「将来の不安から眠れなくなってしまった」各種依存症に悩んでいる場合も精神科を選びましょう。心療内科と精神科、どちらも受診できる医療機関であれば、専門分野でカバーしあえるため安心です。

心療内科を名駅で探すならネットを活用します。口コミなどもチェックして自分と相性が良さそうなところを受診しましょう。